img_3b99cbda76af5ac62be7d27f0e681705606428

オーストラリアには捕鯨に反対しているシーシェパードという団体があるのは皆さん知っていると思います。

大体のオーストラリア人は、

(´U_,`)『クジラを食べるなんてありえない。日本人は非人道的だ!!』

みたいな考え方なのですが、オーストラリア人は実は、、、



05bb2f45

カンガルーを食べます。

ちなみに増えすぎたからって理由です。
害獣駆除です。

P1032275-600x450
こんな感じでスーパーマーケットの精肉エリアに置いてあります。

正直、クジラもカンガルーも一緒だと思いませんか??
カンガルーとクジラってどこが違うのでしょう??
クジラはダメで、カンガルーも食べる動物愛護とはいったい何なのだろう??

そんなわけで管理人はオーストラリア滞在時に、たまたま町でデモをやっていたシーシェパードに聞きに行ってみた事があります。

(ちなみに道行く人の反応は、

(´U_,`)「あー、なんかやってるな」

みたいな感じでした。別に反捕鯨運動がオーストラリアでは大盛り上がりというわけではありません。)

C5fxTM8UsAABHo0

シーシェパードの人が言うには、

(´U_,`)『カンガルーとクジラは全く違う。クジラは賢くまた社会性のある動物だ。』

とのことでした。というかシーシェパードの人達は

(´U_,`)『カンガルーは全くクジラと同等ではない。』

という感性を持っているようでした。

ちなみに、この
『どうしてカンガルーを害獣として駆除するのに、オーストラリア人は捕鯨反対なんだ??』
という疑問に対してはオーストラリア大使館が公式に回答しています。


オーストラリアには実に様々な種類のカンガルーが存在しています。狩猟の対象となり得るのは、大量に繁殖した種類のみです。絶滅危惧種か、絶滅の恐れのある種のカンガルーを殺すのは違法です。これに対し日本の致死的な調査捕鯨プログラムは、絶滅危惧種や繁殖の度合が不確かなクジラ種を対象にしています。

カンガルーのような地上に生息する哺乳類の正確な個体数は、航空または地上調査を通じて容易に推測できます。これに対し、南極海に生息するクジラの数を知ることは極めて困難です。

カンガルーの狩猟は厳格に監視され、可能な限り苦痛を与えない方法で行われています。オーストラリアには、カンガルーが苦しむ危険を最小限に抑えるための「カンガルーの狩猟を人道的に行うための行動規定」が存在します。これに対し捕鯨国での報道によると、捕鯨により殺されたクジラの多くが即死ではありません。

絶滅危惧種であるかどうかに関係なく、クジラの捕獲を正当化するような信頼に足る科学的理由は存在しません。クジラを捕殺しないで生物学や個体数、管理に関係するデータを集める調査方法はあります。したがって日本の致死的な調査プログラムは不要です。そしてクジラを殺す方法はしばしば非人道的です。すべての商業捕鯨や「調査」捕鯨はクジラの種類に関係なく中止されるべきであると、オーストラリアは強く信じています。


とのことです。
正直、意味がわかりません。
という事は人道的に苦しまないように、クジラやイルカを獲ればなにも言わないのでしょうか??ちなみに、カンガルーは銃殺されています。

どうしてクジラは食べてはいけなくて、カンガルーは駆除して良いのか、、、いろいろ調べたり考えてみたのですが、その答えはこれです。

ORG

生理的な嫌悪感

です。
ところで韓国では犬を食べる文化がありますが、なんとなく犬を食べることに嫌悪感を感じる日本人は多いのではないでしょうか??

クジラをたべることに対する彼らの嫌悪感は犬を食べることの比ではありません。吐き気を催すほどの嫌悪感を感じるようです。

(´U_,`)「く、、、クジラを食べるなんて、、、ありえない」

の様な感じです。

そしてこの嫌悪感はある程度、万国共通の様でオーストラリア人だけが感じているわけではないようです。

このクジラを食べるという事に対する考え方は、日本人の方が少数派です。日本人の感性って結構、変わっています。

ではどうして、日本人はクジラを食べることに嫌悪感がないのでしょうか、、、、、

その回答は
、、、、、、、、、




そんなわけで、、、次回に続く