英語の発音のテキスト ①導入編
に戻る

英語の発音のテキスト ④英語の発音の変化についての続き


今まで解説した

・英語の子音について
・英語の母音について
・英語の音の変化について

をまとめて日本人が英語をどのようにしゃべるべきかを解説します。




ネイティブの英語の発音に対しての認識について

ネイティブは、英語の子音をすべて認識することができ、またすべての子音を分けて考えています。また子音単独の発音と、子音に母音が付いた発音もまったく別であると認識します。ネイティブは単語の子音単独の部分に母音が付いていると、非常に違和感を感じるようです。

ですが、彼らは母音の認識はあいまいです。母音には地域差と個人差があります。なので完璧に正しい母音というのはそもそも存在しません。

そのうえで彼らがどのように英語を聞いているのかというと、「子音」「強弱」「イントネーション」「文脈」などの要素で単語を判断しています。


なぜカタカナ英語は通じにくいのか

一般的にネイティブの間では、

「日本人のカタカナ英語は特にわかりにくい。」

と言われています。

英語を日本語の発音に落とし込んだのがカタカナ英語です。日本語には
・子音単独の発音がアイウエオ表にない。
・サ行とタ行に子音が混じっている。
・LとRの発音がない。
・強弱をつけずに平坦に話す。
このような特徴があります。英語を日本語のように話すと、

子音単独の発音に母音をつけて、間違った子音で、強弱をつけずに平坦に話す英語


になってしまいます。
なぜこの英語が通じにくいと言われるのかというと、ネイティブが単語を判断するのに必要な「子音」「強弱」「イントネーション」の要素を壊すからです。

日本人以外の非ネイティブが英語を喋るときは細かい母音の発音の違いはあっても、日本人ほど「子音」「強弱」「イントネーション」の要素を壊さずに英語を発音します。

どのように日本人が英語を喋るべきか

日本人は何も考えずに英語の発音をまねしようとすると、どうしてもカタカナ英語になってしまいます。

ではどのように日本人が英語を喋ればよいのかというと、英語と日本語の違いを理解して、英語を英語らしく、正しい子音で、強弱とイントネーションをつけて発音するとカタカナ英語は改善します。

具体的にどうしたらよいかというと、まず絶対に「子音単独の発音」と「日本語に無い子音」など英語を喋るうえで絶対に覚えなければいけないことを覚え、そのうえで、強弱とイントネーションの付け方など感覚でしか理解できないことは感覚で調整するべきです。

上記を踏まえてこの章では
・英語を話すうえで覚える必要のあること
・英語を感覚で話すうえで知っておいたほうが良いこと

の順番で解説します。


英語を話すうえで覚える必要のあること
この覚える必要のあることというのは具体的にできるようになる必要があるという事です。

日本人は英語を発音するうえで
・子音を正しく発音できるようになる
・言い分ける必要のある母音を言い分けることができるようになる
・単語を正しくめるようになる
の三つを覚える必要があります。


子音を正しく発音できるようになる

英語を発音するとき子音編で解説した


日本語にもある子音

[ k ]・・・・・「クゥ」  カの子音
[ g ]・・・・・「グゥ」  ガの子音

[ s ]・・・・・「ス」 サの子音
[ z ]・・・・・「ズ」 [ s ]の有声音

[ ʃ ]・・・・・「シュ」 シュッシュッポッポ
[ ʒ ]・・・・・「ジュ」 [ ʃ ]の有声音

[ t ]・・・・・「トゥ」 タの子音
[ d ]・・・・・「ドゥ」 ダの子音

[ tʃ ]・・・・・「チュ」 舌打ちをくちびる丸めてやる。
[ dʒ ]・・・・・「ヂュ」 [ tʃ ]の有声音

[ ts ]・・・・・「ツ」  ツの子音
[ dz ]・・・・・「ヅ」  [ ts ]の有声音

[ n ]・・・・・上あごに舌をつけて「ン」
[ ŋ ]・・・・・舌をどこにもつけずに、口を開けて濁らせた「ン」
[ m ]・・・・・口を閉じて「ン」

[ h ]・・・・・ハ行の子音

[ p ]・・・・・「プ」 パ行の子音
[ b ]・・・・・「ブ」 バ行の子音

[ j ]・・・・・ヤ行の子音

[ w ]・・・・・ワ行の子音

日本語にない子音

[ θ ]・・・・・ス THの無声音 舌を歯で挟む
[ ð ]・・・・・ズ THの有声音 舌を歯で挟む  

[ f ]・・・・・フ Fの音 舌唇に歯をあてる
[ v ]・・・・・ブ Vの音 舌唇に歯をあてる

[ l ]・・・・・ル Lの音 歯のつけ根に舌をあてる

[ r ]・・・・・ゥル Rの音 舌先を上あごに近づける


上の全種類の子音を言い分ける必要があります。そして子音単独の発音を覚える必要があります。覚えてなければ子音編を読み返して覚えてください。そして上の子音すべてに母音をつけて発音できるようにならないといけません。日本語にもある子音は、日本語のアイウエオ表にある発音なので出来ると思います。ですが


[ θ ]・・・・・ス THの無声音 舌を歯で挟む
[ ð ]・・・・・ズ THの有声音 舌を歯で挟む  

[ f ]・・・・・フ Fの音 舌唇に歯をあてる
[ v ]・・・・・ブ Vの音 舌唇に歯をあてる

[ l ]・・・・・ル Lの音 歯のつけ根に舌をあてる
[ r ]・・・・・ゥル Rの音 舌先を上あごに近づける


上記の6つの発音は日本語に無い子音なので、母音をつけて発音する事を新しく覚えないといけません。


[ θ ]:舌の先を上の歯と下の歯で軽くはさんで、さしすせそ
[ d ]:舌の先を上の歯と下の歯で軽くはさんで、ざじずぜぞ

[ f ]:下くちびるに歯をあてて、はひふへほ
[ v ]:下くちびるに歯をあてて、ばびぶべぼ

[ l ]:歯のつけ根に舌をあてて、ラリルレロ。
[ r ]:ギリギリまで上あごに舌を近づけて、ラリルレロ。

上記のように日本語のアイウエオをつけて発音して、発音できるようになってください。
      


言い分ける必要のある母音を言い分けることができるようになる

[ ɑː ][ əː ]だけは言い分けないと通じないことがあります。

[ ɑː ]「口を大きくあけてアァ」という発音です。
[ əː ]「口を自然にあけてアァ」という発音です。


単語を正しく読めるようになる

単語を正しく読むために
・子音単独の発音か母音が付いているのか?
・どの子音が使われているのか?
[ ɑː ][ əː ]のどちらが使われているのか
この三つを判断できるようになってください。



子音単独の発音か母音が付いているのか?


・後ろに母音をあらわすアルファベットがない場合
p
lay  church  work  quiet  hard  point

・子音をあらわすアルファベットの後ろに「e」がついているのに「e」の母音が付いて聞こえない場合
take  wave  like  bike  cute  
huge  eve  open  hole  give

この二つの場合は子音単独の発音です。


どの子音が使われているのか

[ k ]
対応するアルファベット:k、c

単語:kick  block  keep  lucky   cut  can

[ g ]

対応するアルファベット:g
単語:dig  game  goal  guest  tiger

[ s ]

対応するアルファベット:s、c
単語:slim  base  sit  see  bicycle  city   center 

[ z ]
対応するアルファベット:z

単語:size  zip  zone  zoo  zipper

[
ʃ ]
対応するアルファベット:sh
単語:English  she  shine  short  shoes

[ ʒ ]
対応するアルファベット:s※

単語:usual  vision  decision  visual  measure

[ t ]
対応するアルファベット:t

単語:best  twelve  table  topic  teach

[ d ]
対応するアルファベット:d

単語:side  good  daily  drink  deep

[ tʃ ]
対応するアルファベット:ch

単語:catch  cherry  cheek  chinese  change

[ dʒ ]
対応するアルファベット:j、g

単語:stage  gentle  jet  jacket  just

[ ts ]

対応するアルファベット:ts

単語: it's  cats  nuts  seats

[ dz ]
対応するアルファベット:ds
単語: cards  reads  sends

[ n ]
対応するアルファベット:n
単語:ten  since  neck  nest  night

[ η ]

対応するアルファベット:ng
単語:among  fishing  swing  string feeling

[ m ]

対応するアルファベット:m
単語:home  empty  seem  make  move

[ h ]

対応するアルファベット:h

単語:hope  happy  hide  help  heavy

[ p ]

対応するアルファベット:p
単語:lips  top  page  peace  price

[ b ]
対応するアルファベット:b

単語:club  web  bell  buy  base

[ j ]
対応するアルファベット:y

単語:yes you young  yellow  yard

[ w ]
対応するアルファベット:w

単語:wall  way  wild  why  wonder

[ θ ]
対応するアルファベット:th

単語:mouth  tooth  thing  through  thirty

[ ð ]
対応するアルファベット:th

単語:the  they  this  these  other

[ f ]

対応するアルファベット:f
、gh、ph
単語:wife  fact  fine  enough  laugh  phone

[ v ]

対応するアルファベット:v

単語:save  brave  very  video  never

[ l ]

対応するアルファベット:l
単語:tell  will  like  lion  close

[ r ]
対応するアルファベット:r

単語:right  reason  cry  read  rest


この様にアルファベットと子音は対応しています。
例外もありますが基本的にアルファベットに対応した子音を発音してください。

日本人が特に間違えて発音しやすいのは

[ s ]
[ ʃ ]
[ t ]
[ tʃ ]

[ l ]
[ r ]
    
これらの子音の組み合わせです。日本人にとっては似た音ですが、ネイティブは似た音であるとすら感じていません。


[ ɑː ][ əː ]のどちらが使われているのか

「アー」のように聞こえる母音の中で

・母音のスペルにRがない場合は[ ɑː ]
palm  calm  almond

・母音のスペルがaで始まってrで終わっている場合は
[ ɑː ]
art  car  farm  market  
dark  hard  large  start  star

・母音のスペルがa以外で始まっていてrで終わっている場合は
[ əː ]
earth  earn  urban  first  learn
shirt  work  turn  word  girl  church

のように見分けてください。ただし稀に例外があります。

具体的には上記のように見分けてください。


英語を感覚で話すうえで知っておいたほうが良いこと

上に書いた『
英語を話すうえで覚える必要のあること』の三つを覚えればあとは通じる英語を身に着けるという段階ではあまり関係がありません。

英語についての基本的な事を理解したら、あとは感覚で覚えるべきです。慣れと言えば慣れの問題です。

英語と日本語には明らかに子音が違うなどのわかりやすい違いもありますが、言葉で説明できない微妙な違いがあります。ですが、日本語も英語もネイティブレベルでしゃべれるような人でも、細かい発音の違いはあまり意識していません。また考えすぎると逆にうまく発音する事が出来なくなってしまいます。

ですが英語と日本語の細かい違いをなんとなく理解しておいた方が英語の発音についての理解も深まります。一応なんとなく違いを知っておいてください。

子音について知っておくべきこと

子音の解説で日本語と共通と書いた子音も、日本語とは微妙に発音が違います。

ですがこの微妙な違いは言葉では説明できません。なので発音記号上は日本語と英語は同じ記号がつかわれています。また日本語と英語をどちらも完璧に発音できる筆者の知り合いは

(*゚ー゚) 「だいたい同じ音」

の様に認識していました。
実際の英語を聞いてなんとなく調整してください。

・・・・・・・・・・・・・
・・・・


また、子音に母音が付いたとき、英語は日本語よりも子音を強く発音します。これもまた聞いてなんとなく調整してください。

母音について知っておくべきこと

細かい母音の違いは意識しないほうが自然にしゃべれます。聞いたままなんとなく調整してください。

結果的に母音の章で解説したような英語になると思います。ですが慣れてくるうちに、より英語っぽく発音ができるようになります。

また、母音で強弱をつけるために、
・「a」と「the」は弱く読む。
・二つの母音の組み合わせの母音は切れ間なく、そして一つ目の母音を強く読む。
・長い単語の一部を強く読む。

の3点をなんとなく意識してください。


英語の音の変化について

英語は文章にすると単語の発音が変化しますが、特に意識して変化させる必要はありません。

子音単独の発音をきちんと発音できていればなんとなく発音が変化します。また慣れていくうちに音を省略して発音するようになります。


英語のイントネーション

英語は文章にするとなんとなくイントネーションがあります。

これは文章中の単語をすべて強く読むのではなく「a」「the」などの冠詞や代名詞を弱く読むからです。ですがこれも聞いてなんとなくやるべきものです。
 
また疑問文は語尾を上げて発音します。聞いてればなんとなくわかると思います。

さらに日本語は発音ごとに切れ間を入れますが、英語は発音ごとに切れ間をあまり入れずに発音します。発音に切れ間を入れないことでより自然な英語になります。

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・

英語のイントネーションは聞いたまま感覚で理解する事です。特に英語の実際の会話には、教材などの英語とはまた違ったイントネーションがあります。ですが、これは言葉では説明できないし、説明するようなことでもありません。

英語の微妙な声質の違いについて

実際の英語は何となく日本語とは違う響きがあります。

この違いは声の出し方の違いから来ます。声の出し方が違うため、音の響きが違います。この微妙な違いは発音記号で記述することができません。

外国人が日本語をしゃべると何となく日本人がしゃべる英語と音の響きが誓うと思います。この、日本語を喋る外国人の日本語と、日本人の日本語の違いを完ぺきに言葉で説明することができないように、声の出し方が違いを完ぺき説明することはできません。

ですがなんとなくであれば説明することができます。英語の発音には
 
・息を強く吐く
・鼻から息が出る
・腹式呼吸
・声が低目
・声を喉の奥の方で出す。

などの特徴があります。

ですが、一度に意識できるようなものではありません。
このあたりの発音の微調整はあまり意識して改善するようなものではありません。何となく聞いたまま音をまねて下さい。

ただ一点、特に重要な要素だけは記述しておきます。
それは英語は日本語よりも声を喉の奥で出しているという事です。試しに喉の奥の方を使って「アイウエオ」と言ってみてください。ちょっと変な発音になったと思います。その発音を使って

I am a student.

と言ってみてください。
英語っぽくなったんじゃないでしょうか??

英語で使うのであればこの喉の奥の方で声をだす発声方法はごく普通に聞こえます。



英語の細かい発音の違いは意識して覚えることではありません。
聞いたまま調整しろと何度も書きましたが、そうとしか説明できないのです。

ネイティブはこちらが完璧に英語を発音しているとは思っていません。
なので細かい発音の違いを完ぺきにしなくても相手には通じます。

また英語にはいろいろな英語があります。ネイティブの英語でも地域ごとに訛りがあり、そしてネイティブ以外の英語は母国語の訛りが入っています。ネイティブは世界にはいろいろな英語があるのを知っています。

ですが、日本人が英語を喋るうえで絶対に覚えておかないといけないことがあります。
それが

子音単独の発音

です。これは絶対に覚えてください。これを全くやらないため、

(´U_,`)(-@∀@)(*゚ー゚) ( ゚Д゚)
「日本人の英語は世界一わかりにくい」


なんて言われてしまっています。
この「子音単独の発音」を発音しないのは訛りとは言えません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・

いろいろと長く書きましたが

必要な事を覚えてあとは聞いたままにやれ!!

というのが結論です。それで伝わらなかったら、、、その時は言い直してください。


練習方法など

I am a student.
This is a pen.
I like it.

赤い印をつけた部分で子音単独の発音で、ピンク色の印の部分で日本語に無い子音の発音をして上の文章を読んでみてください。なんとなく英語の様に発音できたら、とりあえずOKです。

あとはいろいろな文章を自分で読むなり、英語の音声をまねるなり、英会話教室で会話するなりして自分で練習してください。


・英語では子音単独の発音が使われている
・英語には日本語にない子音がある

の二つがわかったうえで実際の英語を聞くと、別の発見があると思います。
一番良いのが、ネイティブと会話する事です。英語はなんだかんだで話して身に着けるものです。


実際のネイティブの英語について

ここまで読んで、

(*゚ー゚) 「よし、英語の発音についてはきちんと理解したぞ。これで英語は聞き取れるだろう!」

と思うかもしれません。ですが理解しただけではネイティブ同士の英語はさっぱり聞き取れないと思います。

英語教材の英語や、日本の英語学校の先生が日本人向けに話してくれる英語ではない、ネイティブがネイティブ同士で話す英語は恐ろしく早く、また頻繁に弱系で単語を発音します。そして日本人ではありえないほどに超高速で子音を発音します。これは声というより音の様なものを発音しています。
日本のJpopも注意深く聞くと、ギターやドラムの音など多様な音が入っています。それと同じドラムやギターの音域でネイティブは子音の音を発音しています。Rの発音もこの音域です。

ネイティブは日本人があまり普段意識しない音域で子音などの発音を超高速で発音しているため、最初はネイティブの英語を
全く聞き取れないかもしれません。ですが慣れるとある程度は聞き取れるようになります。

ネイティブの英語と英会話教材の英語は全く違います。最初は英語の教材などの音声を参考にして英語を喋るべきです。

また、よほどなれない限りは日本人が無理してネイティブのように発音する必要はありません。無理してネイティブのように発音しようとしても舌がついていきません。また、発音した気になっていてもキチンと音を出せてないかもしれません。その場合、相手にとっては逆に通じにくい英語になってしまいます。





英語の発音のテキスト ⑥このテキストについてへ続く