英語の発音のテキスト ①導入編
に戻る

英語の発音のテキスト ②子音編の続き


英語を喋るうえで、子音は超重要です。英語を喋るうえで日本人はすべての子音を発音できる様になるべきです。

ですが母音は子音ほど重要ではありません。



解説の流れ

母音の解説は、、、

①一般的な教科書でされている母音の解説
アメリカ英語とイギリス英語を発音記号で解説します。
これが一般的な英語のテキストの英語の母音についての解説です。

②一般的な解説が機能しない理由
一般的な教科書でされている母音の解説は基本的にあまり機能しません。
なぜなら日本人はアメリカ英語もイギリス英語もしゃべれないからです。
また発音記号で英語の母音を解説するということそのものに実は問題があります。

③現実の英語の母音について
実際の英語の母音はどのようなものなのかを解説します。
実は一般的な教科書の解説は機能しないだけではなく、そもそも現実の英語ではありません。

④ネイティブはどのように母音を認識してるのか
ネイティブはどのように母音を認識しているのかを解説します。
ネイティブは母音に対する認識が日本人とは根本的に違います。

⑤日本人が英語の母音をどう喋るべきか
上の解説を踏まえたうえで、日本人がどのような母音で英語を喋るべきかを解説します。

上記の順番で解説します。少し複雑な解説になりますが、そう解説するしかないのです。

一般的なテキストではどのような解説がされているのか

大きく分けると英語にはアメリカ英語とイギリス英語があります。アメリカ英語とイギリス英語は子音は共通ですが母音が違います。

ウェブ上の解説や市販されているテキストでは、発音記号に基づいてイギリス英語かアメリカ英語のどちらかを解説しています。

(母音の発音記号は辞書やテキストによって使われている記号が違います。この解説では最も辞書でよく使われている形式の発音記号を解説します。)

アメリカ英語の解説

まずはアメリカ英語から解説します。

日本語の英語教育はアメリカ英語に基づいています。なので、高校の参考書や辞書に載っている発音記号はアメリカ英語の発音記号です。市販のテキストやweb上のテキストもほとんどアメリカ英語の母音を解説したテキストです。

アメリカ英語は表にすると、

短母音

[ ʌ ]・・・・・何かに気がついた時の「ア」
単語:up  under  jump  sun  study

[ i ]・・・・・ちょっとだけエが混じった「イ」

単語:it  drink  film  sit  window

[ u ]・・・・・オの響きのある「ウ」  口先に力を入れない
単語:cook  bush  full  look  push

[ e ]・・・・・普通にエ

単語:enter  head  next  ready  pet

[ ə ]・・・・・口のどこにも力を入れず「ア」 

単語: a  the  ago  alone  about

[ ӕ ]
・・・・・口を横にも縦にも広げて、「ア」と「エ」の中間音

単語:apple  cat  stamp  sand  hand

[ ɑ ]
・・・・・口を縦に指二本分広げて「ア」 
単語:hot  box  copy  rock  lock

伸ばした母音
[ ɑː ]・・・・・口を縦に指二本分広げた「ア」を伸ばす
単語:calm  palm  almond

[ iː ]
・・・・・イを伸ばす。日本語に近い。

単語:easy  people  need  speak  week

[ uː ]・・・・・ウを伸ばす。日本語に近い。

単語:juice  movie  soup  noon  tool

[ ɔː ]・・・・・オを伸ばす。日本語に近い。

単語:August  ball  tall  walk  cause
※四つとも「イー」みたいな感じじゃなくて、「イィ」みたいに伸ばす。

二重母音

[ ai ]・・・・・アイ
単語:ice  drive  kind  life  time
[ ei ]・・・・・エイ
単語:age  face  place  take  wave

[ ɔi ]・・・・・オイ

単語:oil  boil  choice  join  noise

[ au ]・・・・・アウ

単語:out  now  down  south  count

[ ou ]・・・・・オウ

単語:open  go  road  stone  hole

※前の発音を強めに、後ろの発音を弱めに切れ間を入れずにスムーズに移り変わるように発音する。

母音のR

[ ɚː ]・・・・・口を自然にあけて、上あごに舌を近づけて「アァ」
単語:earth  girl  person  turn  work

[ ɚ ]・・・・・口を自然にあけて、上あごに舌を近づけて「ア」
単語:doctor  letter  paper  sisiter  finger

[ ɚː ]と[ ɚ ]は基本的に同じ発音。強く読むか弱く読むかの違い

[ ɑɚ ]・・・・・[ ɑ ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:far  car  hard  large  start

[ ɔɚ ]・・・・・[ ɔ ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:or  four  door  more  board

[ iɚ]・・・・・[ i ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:ear  clear  fear  near  gear

[ uɚ ]・・・・・[ u ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:poor  tour  sure

[ eɚ ]・・・・・[ e ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:air  fare  rare  share

[ aiɚ ]・・・・・[ ai ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:desire  fire  hire  wire  tire

[ auɚ ]・・・・・[ au ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:our  tower  shower

母音のY

[ juː ]・・・・・日本語で言うところの小さい「ゅ」
単語:cute  future  human  music  huge

[ juɚ ]
・・・・・小さい「ゅ」の後に[ ɚ ]

単語:pure  cure      
このような発音の英語です。それぞれ詳しく説明します。


短母音

短母音とは読んで字のごとく短い母音です。


[ ʌ ]・・・・・何かに気がついた時の「ア」
単語:up  under  jump  sun  study

[ i ]・・・・・ちょっとだけエが混じった「イ」

単語:it  drink  film  sit  window

[ u ]・・・・・オの響きのある「ウ」  口先に力を入れない
単語:cook  bush  full  look  push

[ e ]・・・・・普通にエ

単語:enter  head  next  ready  pet

上の母音はアイウエオのように聞こえますが、実は微妙に日本語のアイウエオとは違う発音です。
(ですが日本語のアイウエオに置き換えても大体通じます。)


[ ɑ ]・・・・・口を縦に指二本分広げて「ア」 
単語:hot  box  copy  rock  lock

上の単語は「ホット」「ボックス」「コピー」のように聞こえると思います。ですが実は[ o ]の部分はアメリカ英語においては「お」ではありません。

この「o」の部分は
[ ɑ ]の記号の発音で発音されます。
口を縦に指二本分広げて「ア」 
という発音です。この
[ ɑ ]を発音すると、なんとなく「お」のように聞こえますが、正確には「お」ではありません。

[ ə ]・・・・・口のどこにも力を入れず「ア」 
単語: a  the  ago  alone  about
[ ə ]は口のどこにも力を入れずに、弱く短く「ア」という音です。

this is a pen.
の「a」はこの音です。

また辞書を調べると単語のいたるところで、この音が使われています。

[ ӕ ]・・・・・口を横にも縦にも広げて、「ア」と「エ」の中間音
単語:apple  cat  stamp  sand  hand

「え」と「あ」の中間音と説明される母音です。まず口を日本語の「エ」の形にしてください。そのうえで口を横にも広げて「ア」と発音してください。

アとエの中間の様な何とも言えない音になったと思います。
それが
[ ӕ ]の発音です。

日本人にとっては非常に聞き取りずらく、また発音しにくい母音です。日本人は日本語だけを喋っていると、口を横に広げて「イ」意外の音を出すことがありません。

伸ばした母音

伸ばした発音です。[ ː ]は伸ばすという意味の記号です。

日本語のように「イー」のように伸ばすのではなく、「イィ」のように言うと母音を二回言うように発音します。(「イー」のように言っても通じはします。)


[ ɑː ]・・・・・口を縦に指二本分広げた「ア」を伸ばす単語:calm  palm  almond

[ iː ]
・・・・・イを伸ばす。日本語に近い。

単語:easy  people  need  speak  week

[ uː ]・・・・・ウを伸ばす。日本語に近い。

単語:juice  movie  soup  noon  tool

[ ɔː ]・・・・・オを伸ばす。日本語に近い。

単語:August  ball  tall  walk  cause

それぞれ「アァ」「イィ」「ウゥ」「オォ」のように発音します。

注意する必要があるのは
[ ɑː ]です。この音は上で解説した[ ɑ ]が伸びた音です。なので[ ɑː ]は口を指二本分大きく空けて発音する「ア」を伸ばした発音です。日本語のアーよりも喉の奥から発音します。

二重母音

二重母音とは、発音の間に切れ間がない二つの母音のペアです。前の音を強く発音して後ろの音を弱く読みます。

[ ai ]・・・・・アイ
単語:ice  drive  kind  life  time

[ ei ]・・・・・エイ
単語:age  face  place  take  wave

[ ɔi ]・・・・・オイ

単語:oil  boil  choice  join  noise

[ au ]・・・・・アウ

単語:out  now  down  south  count

[ ou ]・・・・・オウ

単語:open  go  road  stone  hole

これらをそれぞれ、
「アイ」
「エイ」
「オイ」
「オウ」
「アウ」

の様に発音します。発音の間にとぎれをつくらずに、前の音を強く、後ろの音を弱く発音すると英語っぽい発音になります。

母音のR

日本語にまったくない概念の発音です。なので説明が少し長くなります。

Rの発音は子音の章でも解説しましたが、「子音のR」と「母音のR」は全く別の発音です。子音のRは「k」や「t」などの子音の一種です。母音のRはよく「発音しながら舌を巻く」と説明される発音です。母音につくことで母音の音が変化します。

母音のRは正しく理解している人が少ないです。
教科書やウェブ上のテキストには間違ったことが書いてあるテキストが多々あります。

まずは母音のRとはどんな発音なのかを解説します。

母音のRは
[ ə ]が変化した音だと解釈するのが一番、日本人向けにわかりやすい説明です。[ ə ]が変化した音なので、母音のRの発音記号には[ ə ]の形を少し変えた[ ɚ ]が使われます。

[ ə ]は口から力を抜いて「あ」という発音です。子音のRは口の中で音をこもらせると子音編に書きましたが、この[ ə ]の発音をこもらせた振動させた発音が母音のRです。


[ ə ]が一つなので母音のRも一つしか発音がありません。

母音のRの発音の仕方は、「口を自然に開けて、舌の先を上あごに近づけて、唇と舌に力を入れてアーと言う。」です。こもらせて喉を振動させることを意識すれば、発音する事ができます。

あくまでこもらせて喉の奥を振動させるのが発音の本質です。
結局、音をこもらせて喉を振動させることができれば、どんな方法でも発音ができます。子音のRと同じように舌の位置は関係ありません。舌をそれほど巻かなくても舌を上あごに近づけるだけで発音できます。

(余談です。[ ə ]は力を抜いて発音しますが、母音のRは口と舌に力を入れます。なので[ ə ]とは少し違う音です。ですが、どちらも口を軽く自然にあけて「ア」という発音です。どちらも発音の方法が似ているため、母音のRは[ ə ]を少し変化させた[ ɚ ]が使われています。
ところで、Rの発音には舌を上あごに近づける以外にも、喉の奥の方を盛り上げるという発音方法があると子音のRの解説に書きました。この喉の奥で発音するやり方は子音のRも母音のRもどちらの発音でも使えます。喉の奥の方を盛り上げて母音のRを発音しようとすると「舌の奥の方を盛り上げて、口を自然にあけてア」のような発音をします。アメリカ人は舌の奥を盛り上げて発音する人が多数派のようです。)


[ ɚː ]・・・・・口を自然にあけて、上あごに舌を近づけて「アァ」
単語:earth  girl  person  turn  work

[ ɚ ]・・・・・口を自然にあけて、上あごに舌を近づけて「ア」
単語:doctor  letter  paper  sisiter  finger
母音のRはこの二つが基本形です。
発音方法は先ほど解説した、

「口を自然に開けて、舌の先を上あごに近づけて、唇と舌に力を入れてアーと言う。」
です。

[ ɚː ][ ɚ ]は基本的に同じ音です。違いは強く読むか弱く読むかの違いです。

[ ɚː ]は強く発音します。
[ ɚ ]は弱く発音します。

[ ɑɚ ]・・・・・[ ɑ ]の後に[ ɚ ]が付いた発音
単語:far  car  hard  large  start

[ ɔɚ ]・・・・・[ ɔ ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:or  four  door  more  board

[ iɚ]・・・・・[ i ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:ear  clear  fear  near  gear

[ uɚ ]・・・・・[ u ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:poor  tour  sure

[ eɚ ]・・・・・[ e ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:air  fare  rare  share

[ aiɚ ]・・・・・[ ai ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:desire  fire  hire  wire  tire

[ auɚ ]・・・・・[ au ]の後に[ ɚ ]が付いた発音

単語:our  tower  shower

これらは上で解説した

[ ɑ ][ ɔ ][ i ][ u ][ e ][ ai ][ au ]
[ ɚ ]が付いた発音というだけです。

Yの母音

[ juː ]・・・・・日本語で言うところの小さい「ゅ」
単語:cute  future  human  music  huge

[ juɚ ]
・・・・・小さい「ゅ」の後に[ ɚ ]

単語:pure  cure
日本語で言うところの小さい「ュ」です。
日本語にもあるので説明することはあまりありません。

母音のRがついて
[ juɚ ]のようになることもあります。


イギリス英語の解説

次はイギリス英語です。

イギリス英語はイギリス人だけが喋るわけではありません。フランス人やドイツ人やイタリア人などの欧州の人達が英語を話す場合もイギリス英語に近い発音で話します。
日本人が耳にする機会の多い英語です。

イギリス英語とアメリカ英語はどちらも同じ英語なので、大体の母音は共有しています。ですが一部異なる母音があります。

イギリス英語とアメリカ英語は、下の表の母音は共通です。


[ i ]・・・・・ちょっとだけエが混じった「イ」
単語:it  drink  film  sit  window

[ u ]・・・・・オの響きのある「ウ」  口先に力を入れない
単語:cook  bush  full  look  push

[ e ]・・・・・普通にエ

単語:enter  head  next  ready  pet

[ ə ]・・・・・口のどこにも力を入れず「ア」 

単語: a  the  ago  alone  about

[ ɑː ]・・・・・口を縦に指二本分広げた「ア」を伸ばす
単語:calm  palm  almond

[ iː ]
・・・・・イを伸ばす。日本語に近い。

単語:easy  people  need  speak  week

[ uː ]・・・・・ウを伸ばす。日本語に近い。

単語:juice  movie  soup  noon  tool

[ ɔː ]・・・・・オを伸ばす。日本語に近い。

単語:August  ball  tall  walk  cause

[ ai ]・・・・・アイ
単語:ice  drive  kind  life  time
[ ei ]・・・・・エイ
単語:age  face  place  take  wave

[ ɔi ]・・・・・オイ

単語:oil  boil  choice  join  noise

[ au ]・・・・・アウ

単語:out  now  down  south  count

[ ou ]・・・・・オウ

単語:open  go  road  stone  hole

[ juː ]・・・・・日本語で言うところの小さい「ゅ」
単語:cute  future  human  music  huge

しかし上記の表以外の母音が


[ ɚː ]→[ əː ]・・・・・[ ə ]を伸ばした発音
単語:earth  girl  person  turn  work

[ ɚ ]→[ ə ]・・・・・[ ə ]をほんの少し伸ばして発音する。

単語:doctor  letter  paper  sisiter  finger

[ ɑɚ ]→[ ɑː ]・・・・・伸ばした母音の
[ ɑː ]になる。

単語:far  car  hard  large  start

[ ɔɚ ]→[ ɔː ]・・・・・伸ばした母音の[ ɔː ]になる。

単語:or  four  door  more  board

[ iɚ ]→[ iə ]・・・・・[ i ]の後に[ ə ]が付いた発音
単語:ear  clear  fear  near  gear

[ uɚ ]→[ uə ]・・・・・[ u ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:poor  tour  sure

[ eɚ ]→[ eə ]・・・・・[ e ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:air  fare  rare  share

[ aiɚ ]→[ aiə ]・・・・・[ ai ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:desire  fire  hire  wire  tire

[ auɚ ]→[ auə ]・・・・・[ au ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:our  tower  shower

[ juɚ ]→[ juə ]・・・・・[ ju ]の後に[ ə ]が付いた発音
単語:pure  cure

[
ɑ ]→[ ɒ ]・・・・・唇をあまり丸めず、縦に広めに口を開けて「オ」

単語:hot  box  copy  rock  lock

[ ʌ ]・・・・・記号は同じだが発音が違う。日本語の「ア」に近い。
単語:up  under  jump  sun  study

[ ӕ ]・・・・・記号は同じだが発音が違う。日本語の「ア」に近い。
単語:apple  cat  stamp  sand  hand

上記のように違います。これらのイギリス英語だけで使われる母音を以下で詳しく解説します。


イギリス英語では母音のRを発音しない。

母音のRはアメリカ英語特有の発音です。
イギリス英語には、母音のRの発音自体がありません。

[ ɚː ]→[ əː ]・・・・・[ ə ]を伸ばした発音
単語:earth  girl  person  turn  work
[ ɚː ][ əː ]置き換えられます。

[ əː ]「口にどこにも力を入れずに、口を自然にあけてアァ」という発音です。[ ə ]を伸ばした発音です。アァとしか説明できないのですが、日本語のアよりも口を閉じて発音するので厳密には「ア」ではありません。日本語のアよりもこもったあいまいな音になります。

また
[ ː ]の記号が付いていますが、この発音も「アァ」のように伸ばすというより、母音二回言うように発音すると英語っぽくなります。

[ ɚ ]→[ ə ]・・・・・[ ə ]をほんの少し伸ばして発音する。
単語:doctor  letter  paper  sisiter  finger

上の母音のRの解説に「母音のRの発音は[ ə ]が変化した音である」と書きました。
母音のRを発音しないイギリス英語においてはそのまま
[ ə ]の発音が使われます。

[ ə ]は上で解説した「口のどこにも力を入れずに、弱く短く「ア」という音」の発音です。
この場合は、少し伸ばした感じで発音するとより自然に聞こえます。

[ iɚ ]→[ iə ]・・・・・[ i ]の後に[ ə ]が付いた発音
単語:ear  clear  fear  near  gear

[ uɚ ]→[ uə ]・・・・・[ u ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:poor  tour  sure

[ eɚ ]→[ eə ]・・・・・[ e ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:air  fare  rare  share

[ aiɚ ]→[ aiə ]・・・・・[ ai ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:desire  fire  hire  wire  tire

[ auɚ ]→[ auə ]・・・・・[ au ]の後に[ ə ]が付いた発音

単語:our  tower  shower

[ juɚ ]→[ juə ]・・・・・[ ju ]の後に[ ə ]が付いた発音
単語:pure  cure

これらの発音は後ろに[ ə ]が付いた二重母音になります。
上に書いたアメリカ英語の二重母音と同じように、切れ間なく後ろの音を弱く読みます。これらも
[ ə ]を少し伸ばした感じで発音するとより自然に聞こえます。

[ aiə ]
[ auə ]


この二つに関しては二重というより三重になります。
なので三重母音とよばれます。


[ ɑɚ ]→[ ɑː ]・・・・・伸ばした母音の[ ɑː ]になる。
単語:far  car  hard  large  start

[ ɑɚ ]の発音は[ ɑː ]の発音になります。
[ ɑː ]は上で説明した伸ばした母音の発音です。「口を大きく開けてアァ」の発音です。

[ ɔɚ ]→[ ɔː ]・・・・・伸ばした母音の[ ɔː ]になる。
単語:or  four  door  more  board
[ ɔɚ ]の発音は[ ɔː ]の発音に置き換えられます。

なので「or」や「more」や「door」をイギリス英語では
「オォ」「モォ」「ドォ」のように発音します。


イギリス英語では[ ɑ ][ ɒ ]の発音になる。

[ ɑ ]→[ ɒ ]・・・・・唇をあまり丸めず、縦に広めに口を開けて「オ」
単語:hot  box  copy  rock  lock

[ ɑ ]の発音は[ ɒ ]の発音になります。
口を「オ」よりも少しだけ大きめに開けて、唇をあまりすぼめずに「オ」というとこの音になります。
[ ɑ ]よりも日本語のオに近い発音です。

オにほんの少しだけ、「ア」が混じっているといった感じの発音です。

イギリス英語の[ ʌ ][ ӕ ]はどちらも日本語のアのような発音になる。

[ ʌ ]・・・・・記号は同じだが発音が違う。日本語の「ア」に近い。
単語:up  under  jump  sun  study

[ ӕ ]・・・・・記号は同じだが発音が違う。日本語の「ア」に近い。
単語:apple  cat  stamp  sand  hand
イギリス英語の[ ʌ ][ ӕ ]はアメリカ英語と発音記号上では同じ記号ですが発音が違います。

イギリス英語の
[ ʌ ]と[ ӕ ]はどちらも日本語の「ア」に近い発音になります。


単語で使われる発音が異なることがある。

アメリカ英語で
[ ӕ ]が使われている単語で、[ ɑː ]が使われているなど、イギリス英語とアメリカ英語では単語で使われている母音が違う事があります。

特に違いが分かりやすいのが「can」の否定形の

can't

です。
can'tは、イギリス英語では[ ɑː ]を使って「カーント」のように発音します。




一般的な解説が機能しない理由

ざっくりとした大雑把な解説でしたが以上が一般的な英語のテキストで解説される英語の母音です。

しかし実際にやってみればわかることですが、正しいアメリカ英語も正しいイギリス英語もどちらも一般的な日本人は喋ることができません。


日本人がアメリカ英語を発音できない理由

まずはアメリカ英語を日本人が喋ることができない理由を解説します。

母音のRを日本人は発音できない

アメリカ英語の最大の特徴は「母音のR」です。このRの発音の本質は、喉から出る振動音なのですが、この振動音を日本人は聞き取ることができません。日本語にまったくない発音だからです。

大多数の日本人は「light」と「right」の違いを聞きわけることができません。rightで使われているのは子音のRですが、実は日本人は母音のRの発音も正確に聞きわけることができません。


door → ドア
more → モア
four → フォー 
import  → インポート

上の単語はそれぞれ矢印の先のように読むと思います。
またそう聞こえると思います。なのですが発音記号に直すと、


door → ド → dɔɚ
more → モ → mɔɚ
four → フォ → f
ɔɚ
import→ インポト → ɪmpɔɚt


となります。
日本語では「ー」と「ア」にわかれていますが実は同じ発音です。これらはRの母音なのですが、日本人は聞き取ることができないので、同じ発音でも別の発音に聞こえてしまいます。

さらに日本人は母音のRを聞きわけることができないだけでなく、発音するのも非常に苦手です。

[ ɑɚ ]・・・・・[ ɑ ]の後に[ ɚ ]が付いた発音
単語:far  car  hard  large  start


とくに難しいのが
[ ɑɚ ]の発音です。[ ɑɚ ][ ɑ ]の後に[ ɚ ]が付いた発音です。なので口を大きく開けて[ ɑ ]を発音した後に、口を少し閉じつつ上あごに舌を近づけて喉を振動させて[ ɚ ]を発音しないといけません。こんな発音を毎回できるわけありません。大多数の日本人は「アァ」と伸ばすだけの[ ɑː ]を発音をするようになります。そしてそれで問題なく通じます

earth  girl  person  turn  work
doctor  letter  paper  sisiter  finger
star far  car  hard  large  
or  for  door  more  board
ear  clear  fear  near  gear
poor  tour  sure
air  fare  rare  share
desire  fire  hire  wire  tire
our  tower  shower

上にあげた単語の赤い部分はすべて母音のRです。
赤い部分の発音は毎回、音を振動させるのが正しいアメリカ英語です。正しくはあるのですが難しいです。毎回これを発音するのは、日本人にとって現実的ではありません。

もちろん上にあげた単語を、その単語だけ発音するなら難しくありません。

ですが、普通の会話で英語を話そうとするときに、毎回母音のRを完ぺきに発音するのは日本人には非常に難しいです。無理に発音しようとすると、それにばかり意識が向いてしまい、うまくしゃべることができなくなってしまいます。また聞き取ることができないので、自分で発音していても正しく母音のRを発音で来ているかどうかの判断ができません。

Rの母音の発音をかろうじて覚えても、Rの母音を発音したりしなかったりの中途半端な状態になります。

ですが市販の発音記号でアメリカ英語を解説したテキストでは、この母音のRを毎回正しく発音しろという解説の仕方をしています。それが正しいアメリカ英語だからです。正しいのですが、大多数の日本人にとっては現実的ではありません。


アメリカ英語の[ ʌ ][ ӕ ]の問題

アメリカ英語の
[ ʌ ]の音は「日本語の驚いたときに出すアの音」で、アメリカ英語の[ ӕ ]の音は「エとアの中間のような音」と説明されますが、アメリカのドラマなどで聞いてみると、[ ʌ ][ ӕ ]のどちらも「ア」にしか聞こえない場合が多々あります。

ナチュラルスピードのアメリカ英語の
[ ʌ ][ ӕ ]の音を日本人は聞きわけることができません。辞書上で[ ӕ ]になっている部分を「口を横にも縦にも広げて「ア」と「エ」の中間音」で毎回発音するのは困難です。

一応、なんとなく発音する事はできますが、どうしても
[ ӕ ]の発音をしたりしなかったりになります。

アメリカ英語の[ ɑ ]の問題

アメリカ英語の
[ ɑ ]「口を縦に指二本分広げてア」という発音です。

hot → ホット  
box  → ボックス
copy → コピー

これらの単語で使われているのですが、→の先のように日本語に直すと「オ」のように読まれます。

この、
[ ɑ ]の音は日本人の耳には「オ」のように聞こえます。この音も日本人は聞きわけることができません。また周辺につく子音によって違う音に聞こえます。

また、アメリカ人も毎回必ず指二本分、口を開けているわけではありません。あまり口を開けずに発音すると、イギリス英語の
[ ɒ ]のように聞こえます。

市販のテキストでは、毎回必ず、指日本分口を開けなければいけないかのように書かれていますが、アメリカ人も毎回必ず指二本分口を開けているわけではありません。

アメリカ人が英語を話すときに口元を見ればわかると思いますが、
[ ɑ ]の発音を、毎回欠かさず「口を縦に指二本分広げてア」で発音するアメリカ英語というのは実は存在しません。


日本人がイギリス英語を身に着けることができない理由

次に日本人がイギリス英語を身に着けることができない理由です。


アメリカ英語の発音が日本語に組み込まれている問題

日本語にはアメリカ英語の発音が、カタカナとして組み込まれています。

door
more
or

これらの単語は日本語になおすとモア、オア、ドアになります。
モー、ドー、オー、のように発音するのに違和感を感じると思います。


can'tの問題

さらに難しいのが
can'tの問題です。
can'tは、イギリス英語では[ ɑː ]を使って「カーント」のように発音します。

と上に書きました。日本人が英語を発音するうえで、

can't
cunt (女性性器)

この二つの言い訳が非常に微妙なのです。

イギリス人は日本人に感じ取れない何かを発音から感じ取って正しく発音する事ができます。ですが、日本人はその何かを感じ取ることができません。

自分では
can'tの発音をしているつもりでも、相手にとってはcuntの発音に聞こえることがよくあるようです。

ゆっくり発音すれば、発音できますが、会話のスピードで発音すると、うっかり、
cuntの発音になってしまいます。これをネイティブは非常に嫌います。よほどイギリス英語に慣れない限りは日本人はcan'tをイギリス英語で発音するべきではありません。


イギリス英語の[ ʌ ][ ӕ ]の問題

イギリス英語の[ ʌ ][ ӕ ]はどちらも日本語の「ア」に近い発音になります。

と上に書きました。しかし、この二つの発音の違いをイギリス人は聞きわけることができます。ですが、この違いを日本人に説明するのは非常に困難です。

市販のテキストでも

[ ʌ ]・・・かなり「ア」に近い音
[ ӕ ]
・・・ほとんど日本語の「ア」


のように説明されます。

ネイティブは何かを感じ取って聞きわけることも言い分けることもできるようなのですが、日本人からしたらどっちもアです。

この
イギリス英語の[ ʌ ][ ӕ ]の違いを認識できて、正しく発音できないと正しいイギリス英語を話すことはできません。

現実の英語の母音

一般的なテキストでは英語の母音を発音記号を使って解説していますが、実際の英語の母音は記号で説明できるような単純なものではありません。

そもそもネイティブは発音記号の通りに英語を発音しない

一般的な参考書の解説されかたが機能しないのは、日本人がイギリス英語もアメリカ英語もしゃべれないからという理由だけではありません。

そもそも発音記号を使って英語の母音を解説していることそのものに問題があります。

melon → メロン
possile → ポッシブル

april → エイプリル

moment → モーメント


上の単語はそれぞれ矢印の先のように読むと思います。
またそう聞こえると思います。しかし辞書に載っている発音記号は、

melon → メン → men
possile → ポッブル 
→ 
bl
april → エイプル 
→ 
eɪpl
moment → モーント 
→ 
mount

となっています。なのですが赤い部分をすべて
[ ə ]の発音で発音しないと相手に通じないというわけではありません。では、なぜこれらの単語の赤い部分が辞書上で[ ə ]になっているかというと、英語は日本語よりも強弱を強くつけて発音するからです。

試しに口を半開きにして、唇と舌を全く動かさずに、「あいうえお」と言ってみてください。全部似たような「あいまいなアのような発音」になったと思います。実はすべての母音は弱く短く発音すると
[ ə ]に発音が近くなります。

[ ə ]を発音しているというより、弱く発音するため、結果的に[ ə ]になるというのが正しい解釈です。著者も意図せずとも、なんとなくこの発音を発音していることがよくあります。

弱く発音した結果
[ ə ]に発音が近づいているので、単語を強くハッキリ発音すると、もとの母音の音に戻ります。この、強くハッキリ単語を言うと、元の母音の音に戻るというのは、発音記号ではうまく表現できません。

また、
[ ə ]に元の母音の響きが混じっていることがよくあります。これも発音記号で記述することができません。

発音記号は発音を無理やり記号化したものです。完璧に辞書に載っている発音記号の通りに英語を話す人というのは、そもそも存在しません。これは自動音声が喋る英語です。ですが多数の教科書では発音記号の通りに発音しろという解説の仕方をしています。これははっきり言って現実の英語ではありませんし、非常に混乱する説明の仕方です。

辞書に載っている発音記号が
[ ə ]になっていたとしても、ネイティブが毎回必ず、「口を自然に開けて、どこにも力を入れずに、弱く短くア」の発音をしてるなんてことは絶対にありません。実際どう発音しているかは、実は人や場合によります。完全に[ ə ]で発音していることもありますが、[ ə ]に元の母音の響きが混じっていることもあります。また完全に元のスペルの発音で発音している場合もあります。

大多数のネイティブはそもそも発音記号が読めません。

現実の英語の母音はそもそも完璧に記号で説明できるようなものではないのです。


母音には地域差がある

英語の母音には地域差があります。アメリカ英語とイギリス英語以外にも発音記号になっていないだけで、ほかの英語があります。

オーストラリアやニュージーランドやカナダやシンガポールも英語を母国語とする国ですが、彼らの英語はアメリカ英語やイギリス英語とは少し母音の発音が違います。たとえばオーストラリアでは二重母音の
[ ei ][ e ]の部分にアの響きを混じらせて発音します。

またイギリスやアメリカにおいても地域や年代によっていろいろな訛りがあります。

アメリカでは
[ ɔː ]の発音に「ア」の発音を少し混じらせて発音する人が多数派です。
また、アメリカの一部にはRの母音を発音しない英語を発音する地域があります。

イギリスには[ uɚ ][ ɔː ][ eɚ ][ eː ]の様に発音する地域があります。
イギリス英語の発音記号では[ ou ][ əu ]に置き換えられます。この[ əu ][ u ]の前に[ ə ]が付いた二重母音です。なのですが、この[ əu ]はイギリス国内でも年代などによって発音のされ方が違います。アメリカ英語の[ ou ]のように発音する人もいれば、[ əu ][ ə ]にエの響きを混じらせて発音する人などがいるようです。

他にも数えきれないほどの地域による発音の違いが英語にはあります。

そして非ネイティブが喋る英語の母音はどうしてもそれぞれ自国の訛りが入ってしまいます。どんなに英語がうまくとも、ドイツ人の喋る英語はドイツ訛りであり、フランス人の英語はフランス訛りです。非ネイティブが母音をネイティブの様に完璧に発音するというのは英語が公用語の国で長期間過ごすなどしない限りありえません。

また、そこで長期間過ごして、ネイティブの発音を身に着けたとしてもそれは、その地域の訛りがどうしても入ってしまいます。

この英語の地域差は日本語でたとえると、地域や年代によって「アイウエオ」の発音が違うようなものです。実は英語の母音には地域差があるため、完璧に正しい母音というのがそもそも存在しません。



ネイティブの母音に対する認識

アメリカ英語とイギリス英語は母音の発音が違います。ですがアメリカ人とイギリス人はお互い英語でコミュニケーションが取れます。

こんな状態で、なぜ彼らがコミュニケーションと取れるのかというと、彼らはある程度、子音と強弱とイントネーションと文脈で単語を聞きわけているからです。細かい発音以上に重要なのは強弱です。

実はネイティブの母音の認識は非常にあいまいです。ネイティブは英語にいくつ母音があるのかを知りませんし、数えたこともありません。彼らはなんとなく感覚でしゃべっています。

ネイティブは母音についての認識が日本人とは全く違います。彼らは実際に口に出して喋らないと、単語に何の母音が使われているのかを判断できません。

母音はネイティブの認識がそもそもあいまいなので、ネイティブのように発音しなくとも相手には伝わります。
[ i ]の発音を[ e ]の発音にするなどして、完全にずれると伝わりませんが、なんとなくあっていれば相手は理解してくれます。

冒頭にも書きましたが、英語を発音するうえで重要なのは子音です。母音は子音ほど重要ではありません。


日本人が英語の母音をどう喋るべきか

完璧に正しい母音がどこにも存在しない以上、正しく喋るのは不可能です。

また日本人はアメリカ英語もイギリス英語も話すことができない以上、日本人は日本人なりに英語を発音するしかないのです。

母音に関しては
細かいことを考える必要はない、感覚でなんとなく強弱をつけて聞いたままに発音しろ
という結論になってしまいます。

英語の母音については、日本人が通じる英語を身に着けるという段階ではあまり細かいことを考える必要がありません。母音は練習しているうちになんとなく微調整することになります。

細かい発音以上に重要なのは強弱です。

英語の発音の強弱の付け方について

ですが、強弱をつけろと言われても、どうつけていいのかわからないと思います。
なので強弱の付け方を簡単に解説します。


「a」と「the」は弱く読む。


This is a pen
Where is the station?

上で使われている「a」「the」は弱く読んでください。つかわれているのは
[ ə ]の母音です。
口をあまり大きく開けずに発音するのがポイントです。

この
「a」「the」を弱く読むというのが英語の文章のイントネーションを作っています。


長い母音は切れ間なく、そして一つ目の母音を強く読む

上で解説した二重母音と伸ばした母音などの長い母音は、前の母音を強く読んで、後ろの母音を比較的弱く読んでください。

そうするとうまく強弱が付きます。

「Hi!!」

で説明するとわかりやすいと思います。
挨拶などでいう「ハーイ!!」です。

この単語には、
[ ai ]の母音が使われています。
「ハ」を強く言って「イ」を比較的弱く読むと、英語っぽいと思います。

「Hi!」
だけでなく、いろいろな単語で同じように前の母音を弱く読むと、英語っぽくなります。

また伸ばした母音は「アァ」「イィ」「ウゥ」「オォ」の様に母音を二回言うイメージで、前に言う母音を強く発音するとうまく強弱が付きます。


長い単語の一部を強く読む

英語は日本語のように単語を読むときにすべての音をハッキリ強く発音しません。強弱をつけて発音します。ですがこれは子音単独の発音をしていれば、ある程度勝手に強弱が付きます。何となくでよいです。

しかし中には、強弱の位置を間違えると、伝わらない単語があります。

success  → サクセス

日本語だと「サ」を強く読みますが、英語だと「セ」の部分を強く読みます。この単語は強弱の位置を間違えると伝わりません。

(辞書に載っている発音記号の上の「´」「`」のマークは『この部分を強く読め』というサインです。ですが強く読む部分はいちいち辞書を調べなくても単語を一度聞けばなんとなくわかります。)

日本人が話す英語の母音

上に「細かいことを考える必要はない、感覚でなんとなく強弱をつけて聞いたままに発音しろ」と書きましたが、日本人が聞いたまま感覚で英語を覚えると発音するようになる母音というのが実はあります。

英会話教室などに長期間通って英語の発音に慣れ親しんで、英語を流暢にしゃべれるようになった人の発音は、本人たちは意識していませんが大体似たような母音の発音になっています。

この人たちが喋っている英語の母音を大多数の人は覚えることになります。
この英語の母音はイギリス英語でもアメリカ英語でもない日本人独自の母音の発音です。環境と本人たちの資質など複合的な要素の結果そういう発音になるようです。


・日本人が英語を学ぶ環境
日本人は英語を身に着けようとすると、特定の英語圏の国に長期滞在するなどしない限り、アメリカ人や、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人、フィリピン人、フランス人などの多様な人種の英語の発音を聞きながら英語を勉強することになります。

・日本語の発音体系
英語には日本語の「アイウエオ」と似通った発音がいくつもあります。

・日本人は母音のRが苦手
日本人は母音のRを認識するのが非常に苦手です。相手が発音していても発音しているのかどうかわかりません。また自分で発音しても発音しているのかどうかわかりません。

・日本語に英語の発音が組み込まれている。
英単語が外来語という形で日本語に組み込まれています。
「ドア」などはもとは英単語ですが、もうすでに日本語の一部です。


これらの要素の結果、日本人は

アイウエオに近い発音をする

英語にはあいうえおに似た音があります。それらの発音はどうしても日本語のアイウエオの様な響きの発音になってしまいます。
    


母音のRを発音しないイギリス英語に近い発音をする。

日本人は母音のRを発音する事も聞き取ることも苦手なので、感覚で英語を身に着けると母音のRを発音しないイギリス英語に近い発音の英語を喋ることになります。

なのですが、
[ ɔɚ ]だけは少し特殊な発音になります。日本人はイギリス英語のように[ ɔɚ ]を毎回[ ɔː ]と読むのではなくではなく、[ ɔː ]のように読んだり[ ɔə ]のように読んだり単語によって使い分けて発音するようになります。それが日本人にとって自然だからです。


・[ ɔə ]を使う場合
dore more orなど

・[ ɔː ]を使う場合
import fourなど


難しいことを考えなくても上記の単語はぞれぞれ

dore → ドア
more → モア
or → オア
import →  インポート
four → フォー

のようにそれぞれ読むと思います。なんとなく感覚で発音しているうちに、勝手にそういう発音になります。
(筆者が調べた範囲では日本人以外でも、スリランカ人も同じような発音で単語を発音するのが確認できました。このような形で発音する人種は割といます。厳密には正しい発音ではないのかもしれませんが、このような形で単語を発音してもなんの問題もありません。)


イギリス英語の[ ɒ ]に近い発音で単語を読む

box  copy  rock  lock
hot  don’t  pot

上の単語の赤い印の部分を日本人は
イギリス英語の[ ɒ ]の様な発音で発音する事になります。少し口を広げた、オの様な発音するようになるという事です。

完全に日本語の「オ」だと日本語っぽくてあまり英語の様ではありません。
ですが、アメリカ英語のように「指を縦に二本分空けてア」で発音するのは日本人にとってあまりに不自然です。





このような母音を発音する事になります。
表にすると




短母音
[ ʌ ]
・・・・・ア

単語:up  under  jump  sun  study

[ i ]・・・・・イ

単語:it  drink  film  sit  window

[ u ]・・・・・ウ
単語:cook  bush  full  look  push

[ e ]・・・・・エ

単語:enter  head  next  ready  pet

[ ə ]・・・・・弱いア

単語: a  the  ago  alone  about

[ ӕ ]
・・・・・ア

単語:apple  cat  stamp  sand  hand

[
ɒ ]・・・・・日本語のオに近い発音だが口を大きめに開ける
単語:hot  box  copy  rock  lock

伸ばした母音
[ ɑː ]・・・・・アァ
単語:calm  palm  almond

[ iː ]
・・・・・イィ

単語:easy  people  need  speak  week

[ uː ]・・・・・ウゥ

単語:juice  movie  soup  noon  tool

[ ɔː ]・・・・・オォ

単語:August  ball  tall  walk  cause

二重母音

[ ai ]・・・・・アイ
単語:ice  drive  kind  life  time

[ ei ]
・・・・・エイ

単語:age  face  place  take  wave

[ ɔi ]・・・・・オイ

単語:oil  boil  choice  join  noise

[ au ]・・・・・アウ

単語:out  now  down  south  count

[ ou ]・・・・・オウ

単語:open  go  road  stone  hole

母音のRは発音しない

[ əː ]・・・・・口を自然にあけた「ア」を伸ばす。
単語:earth  girl  person  turn  work

[ ə ]・・・・・弱いア

単語:doctor  letter  paper  sisiter  finger

[ ɑː ]・・・・・アァ

単語:far  car  hard  large  start

[ ɔː ]または
[ ɔə ]・・・・「オォ」か「オァ」のどちらかを発音する
単語:or  four  door  more  board

[ iə ]・・・・・イァ
単語:ear  clear  fear  near  gear

[ uə ]・・・・・
ウァ
単語:poor  tour  sure

[ eə ]・・・・・エァ

単語:air  fare  rare  share

[ aiə ]・・・・・アイァ

単語:desire  fire  hire  wire  tire

[ auə ]・・・・・アウァ

単語:our  tower  shower
母音のY

[ juː ]・・・・・ユゥ
単語:cute  future  human  music  huge

[ ju
ə ]・・・・・ユァ
単語:pure  cure      

このような発音の英語を日本人は身につけます。

英語の母音の発音は、周囲の発音をまねしたうえで、発音しやすく、そして違和感の感じない発音に落ち着いてしまいます。なので日本人の英語の母音は、慣れるうちに勝手に上記の表の様な発音になります。

またこの上記の表の発音で普通に相手は理解してくれます。子音で認識しているため、細かい母音をそこまで重視していないからです。もし通じなかったら、その時は改めて言い直せばいいだけです。非ネイティブが英語を学ぼうとすると、どうしても母国語の訛りが入ってしまいます。相手もネイティブのように完璧に母音を発音していないことはわかっています。


いちおう意識しておいがほうが良い母音の違い

感覚で覚えればよいと書きましたが、違いを知っておいた方が良い発音が三つあります。それらについて最後に解説します。

[ ɑː ][ əː ]の違い

Rの母音を発音しない場合は、日本人は[ ɑː ][ əː ]の発音を覚えることになります。
英語を発音するうえで
[ ɑː ][ əː ]の違いを認識しておくべきです。

[ ɑː ][ əː ]はどちらも伸ばす母音で、日本人の耳にはどちらもアーに聞こえてしまいます。

girl→ガール
work→ワーク
first→ファースト
car→カー
art→アート

などの英単語は外来語として日本語にもなっていますが、
[ ɑː ][ əː ]の発音はどちらもアーになっています。

[ ɑː ][ əː ]

[ ɑː ]・・・日本語のアよりも口を大きめに開けてアァ
[ əː ]・・・日本語のアよりも口を開けずに自然に口を開けてアァ

このように言い分けることができます。
簡単な違いは口を大きく開けるか自然にあけるかの違いです。
(便宜上「アァ」と書きましたが、
[ əː ]は厳密には「ア」ではなくもっとこもった音です。)

見分け方は日本人が「アー」のように聞こえる英単語の中で、、、

・母音のスペルにrがない場合は
[ ɑː ]
palm  calm  almond

・母音のスペルがaで始まってrで終わっている場合は
[ ɑː ]
art  car  farm  market  
dark  hard  large  start  star

・母音のスペルがa意外で始まっていてrで終わっている場合は
[ əː ]

earth  earn  urban  first  learn
shirt  work  turn  word  girl  church

のように見分けてください。たとえば、

earth      アース
arm      アーム
almond    アーモンド


これらの単語は全部日本語ではアーになってしまいますが、

earth・・・・・「e」で始まってるから
[ əː ]が使われている。
arm・・・・・「a」で始まっているから
[ ɑː ]が使われている。
almond・・・・・「r」がないから、
[ ɑː ]が使われている。

上のルールを知っていれば、上記のようにどの発音が使われているのかを見分けることができます。

ですが、このルールには一部例外があります。

heart 

上の単語は「ear」が使われていますが、
[ ɑː ]で読みます。ですがこの[ əː ][ ɑː ]の見分け方の例外はあまり多くはありません。

またbe動詞の「are」
[ əː ][ ɑː ]のどちらの発音でも読めます。
「are」については何も考えずに発音しても大丈夫です。

・・・・・・・・・・・・
・・・・
・・

この
[ əː ][ ɑː ]の言い訳は覚えておくべきです。

実は
[ ɑː ]を日本語の「アー」のように発音しても実はだいたい通じます。毎回指を二本分開けないと通じないというわけではありません。

ですが
[ əː ]が使われている単語で日本語のアーのように発音をすると、伝わらないことが稀にあります。


ところで、もしどうしてもアメリカ英語を覚えたい場合は

[ ɚː ]
・・・・・口を自然に開けて、舌を上あごに近づけて「アー」
[ ɑɚ ]・・・・・口を大きく開けて「ア」を発音した後に、口を閉じつつ、舌を上あごに近づけて「ァ」
[ ɑː ]・・・・・口を大きく開けて「アー」

の三つを言い分けないといけません。
格段に難易度が上がります。日本人にとっては現実的ではないと筆者は思います。
どうしても母音のRを発音したりしなかったりするようになります。

[ ӕ ][ ʌ ]について

[ ӕ ][ ʌ ]について少し長い解説をします。

アメリカ英語の
[ ӕ ]「エとアの中間音」の様な発音で、日本人でも簡単な単語くらいであれば言い分けることができます。ですが単語ではなく文章を発音しようとするとどうしても言ったり言わなかったりになります。アメリカ英語の[ ӕ ]であってもこの発音を毎回発音するのは日本人にとっては困難です。この発音だけを意識しても逆に英語が喋れなくなってしまいます。

またアメリカ人の
[ ӕ ]もほとんど日本語の「ア」にしか聞こえないことが良くあります。この[ ӕ ][ ʌ ]の違いを日本人は正確に認識できません。なのでほぼ言い分けないような英語を日本人は発音する事になります。

ですがイギリスの一部の地方ではほとんど
[ ӕ ][ ʌ ]を言い分けずに、どちらも日本語のアのような発音で発音するそうです。なので日本人の発音の仕方も完全に間違っているというわけではありません。

英語の発音を学ぶとどうしても
[ ӕ ][ ʌ ]を言い分けたくなりますが、一部のイギリス人がやっていない以上、伝わる英語を発音するという段階では[ ӕ ][ ʌ ]の言い訳を完璧にする必要はありません。(発音に慣れるとなんとなくですが言い分けるようになります。ですが、意識して覚えることではありません)


大体の日本人は
[ ӕ ][ ʌ ]を言い分けない英語を覚えることになりますが、一点問題があります。

それは

can't  cat can camp

などの単語で使われる
[ kӕ ]の発音をどう読むかという問題です。

これらの単語は
キャント キャット キャン キャンプ

のように聞こえますが、実は「キャ」ではなく
[ kӕ ]の発音が使われています。
実は英語には「小さいユ」の発音はありますが、「小さいヤ」の発音がありません。

ですが、日本人には
[ kӕ ]の発音は「キャ」のように聞こえます。またこれらの単語の[ kӕ ]の部分を「キャ」のように発音しても相手には大体通じます。

では日本人がどう発音すればよいのかというと、結論は

[ kӕ ]「キャ」のどちらを使って発音しても相手には通じるのでどちらでも良い。

という結論になります。
[ kӕ ]を発音したいのであれば、[ kӕ ]の発音で、別にどうでも良いというのであれば、「キャ」の発音をしてください。

(*゚ー゚) 「
[ ӕ ][ ʌ ]はどちらも「ア」であるのであれば、[ kӕ ]も「カ」でいいんじゃないか??」

と思うかもしれませんが、これは絶対にやってはいけません。そうすると、

cunt (女性性器)
can't


の言い訳ができなくなってしまうのです。なのでどうしても
[ kӕ ][ kʌ ]の言い訳をする必要があります。

・・・・・・
・・


[ ӕ ][ ʌ ]の発音についてまとめると、

・日本人には
[ ӕ ][ ʌ ]の発音を完ぺきに言い分けた英語を習得するのが非常に難しい。

・しかしcan'tとcuntを言い分ける必要があるため、
[ kӕ ][ kʌ ]はどうしても言い分けないといけない。

・なので日本人は
[ kӕ ]の場合のみ[ kӕ ]「キャ」を発音する必要がある。

となります。こう解説するしかないのです。
ではどうすればいいのかというと、何も考える必要はありません。

can't  cat can camp

これらの単語は

キャント キャット キャン キャンプ

上記のように既に日本語の単語になっているので、日本人は何も考えなくても勝手に言い分けて発音します。


[ ɔː ][ ou ]の違い

[ ɔː ][ ou ]の発音について解説します。この二つの発音は「おー」「おぅ」の様な発音です。日本人には同じような発音に聞こえてしまいます。しかし[ ɔː ][ ou ]の発音には違いがあります。

そして中には
[ ɔː ]が使われているか、[ ou ]が使われているかで別の単語になる場合があります。

hole・・・・hall
low・・・・law
bowl・・・・ball
so・・・・saw
coat・・・・caught


これらの単語の違いは、
[ ɔː ]が使われているかと、[ ou ]が使われているかの違いです。
左側は
[ ou ]が使われていて、右側は[ ɔː ]が使われています。

[ ou ]が使われているか、[ ɔː ]が使われているかは

・母音に「o」が使われていたら
[ ou ]
・母音に「a」が使われていたら
[ ɔː ]

のように一応見分けることができます。

しかし、この見分け方は完璧ではありません。
例外が非常に多いからです。

story

この単語は「o」がスペルに使われていますが、辞書上で使われているのは
[ ɔː ]の発音記号です。[ ɔː ][ ou ]のどちらが使われているかはスペルだけで完璧に判断するのは不可能です。

ですが、この
[ ɔː ][ ou ]の言い分けはネイティブもあまり意識していません。単語によっては[ ɔː ][ ou ]の発音のどちらが使われているかを発音するまで判断することができません。

ネイティブも意識しているというよりは、

「あぁ、そういえばなんとなく言い分けているな。」

みたいな認識でした。さらに単語を素早く言うと、
[ ɔː ][ ou ]がほぼ同じような発音になったりもします。

いろいろ書きましたがこの
[ ɔː ][ ou ]の発音の違いは伝わる英語を身に着けるという段階ではまったく気にする必要はありません。慣れてくるとなんとなく単語ごとに言い分けるようになります。

ですが一応違いがあるのでなんとなく覚えておいてください。





この三つの発音のうち、なんとなく意識して言い分ける必要があるのは
[ ɑː ][ əː ]だけです。[ ɑː ][ əː ]の言い訳はできていないと、たまに相手に通じていない時があります。

ですが
[ ӕ ][ ʌ ][ ɔː ][ ou ]の違いについては通じる英語を身に着けるという段階ではあまり気にする必要はありません。一応なんとなく知っておくと、英語の発音に対する理解が深まるかと思い、解説しました。


まとめ


この章でした英語の母音の解説は正しくないかもしれません。ですが正しい英語の母音なんてものはどこにもありません。
では上で解説した英語の母音は何なのかというと、

・記号で解説できる正しい英語はアメリカ英語とイギリス英語しかないが、日本人はどちらもしゃべれない

・実際の英語の母音は、記号で解説できるようなものではなく非常に複雑な要素が絡み合っている。

・英語に慣れ親しんだ日本人が実際にしゃべっている英語の母音がある。


の三つの要素を考慮して、日本人向けに解説した現実的な英語の母音です。

結論は

英語の母音は強弱をつけてなんとなく聞いたままに発音しろ


です。そうとしか解説できません。現実を考えるとこう解説するしかないのです。英語の母音は聞きながらなんとなく微調整するのが正しい身に着け方であり、それ以外の身に着け方がありません。

どうしても正しいアメリカ英語か正しいイギリス英語で話したいという人は、上で解説した正しいアメリカ英語とイギリス英語を参考にして実際にアメリカ人やイギリス人と話せばよいと思います。ただ、上で解説した正しいイギリス英語とアメリカ英語は正しくはあるのですが、実際のアメリカ英語とイギリス英語ではありません。実際の英語の母音は言葉で説明できるようなものではありません。

英語の母音は人や地方の数だけあります。

母音のフォニックス

母音も子音と同じようにアルファベットと対応します。最後にその対応について解説しておきます。

ですが、母音とアルファベットの対応は例外が多いため覚える必要はあまりありません。上にも書いたように母音は聞いたまま発音してください。


母音とアルファベットの対応

母音をあらわすために使われるアルファベットは

A I U E O Y

基本的にこの6つです。ですが英語の母音は20個以上あります。

どうしているのかというと
「A」 「I」 「U」 「E」 「O」 「Y」
のそれぞれの読み方が二種類あります。
そしてそれ以外にも「oo」などアルファベットの組み合わせで母音を表します。

母音とアルファベットの対応を表にまとめると下のようになります。


短い母音で読む「A」「I」「U」「E」「O」「Y」の読み方

「a」・・・・・[ ӕ ]
単語:apple  cat  stamp  sand  hand

「i」
・・・・・[ i ]
単語:it  drink  film  sit  window

「u」・・・・・[ ʌ ]

単語:up  under  jump  sun  study

「e」・・・・・
[ e ]
単語:enter  end  next  left  pet

「o」・・・・・
[ ɑ ]
単語:hot  box  copy  rock  lock

「y」・・・・・[ i ]
単語:
system  mystery  symbol

長い母音で読む「A」「I」「U」「E」「O」「Y」の読み方

「a」・・・・・[ ei ]
単語:age  face  place  take  wave

「i」
・・・・・
[ ai ]
単語:ice  drive  kind  life  time

「u」・・・・・
[ ju: ] [ u: ] 
単語:cute  future  music  huge  rule  truth 

「e」・・・・・
[ iː ]
単語:me  these    legal  eve  scene

「o」・・・・・
[ ou ]
単語:open  go   stone  hole  old

「y」・・・・・[ ai ]
単語:
type  reply  cry  fly

アルファベット同士の組み合わせで表す母音

「oo」・・・・・[ u ]
単語:wood  look  foot  good  cook

「oo」・・・・・[ uː ]
単語:food  choose  noon  tool  soon

「au」・・・・・[ ɔː ]
単語:daughter  august  pause  

「aw」・・・・・[ ɔː ]
単語:awful  law  raw



「ea」・・・・・[ e ]
単語:head  health

「ea」・・・・・[ iː ]
単語:beach  clean
 
「ee」
・・・・・[ iː ]
単語:cheek  deep

「ie」・・・・・[ iː ]
単語:believe  field

「ou」・・・・・[ au ]
単語:about  loud

「ow」・・・・・
[ au ]          
単語:now  crowd

「ai」
・・・・・
[ ei ]
単語:paint  rain

「ay」・・・・・[ ei ]
単語:way  play

「ei」・・・・・[ ei ]
単語:eight  weight

「ey」・・・・・[ ei ]

単語:they  obey

「oa」
・・・・・[ ou ]
単語:goal  boat

「oi」・・・・・[ ɔi ]
単語:boil  choice

「oy」・・・・・[ ɔi ]
単語:boy  toy

「ow」・・・・・
[ ou ]
単語:blow  slow

「ew」・・・・・[ juː ]
単語:few  new


「ir」・・・・・[ ɚː ]
単語:bird  shirt

「ur」
・・・・・[ ɚː ]
単語:turn  fur

「er」
・・・・・[ ɚː ]
単語:term  prefer

「ear」・・・・・[ ɚː ]
単語:earth  earn

「ar」・・・・・[ ɑɚ ]
単語:farm   dark

「ere」
・・・・・[ iɚ ]
単語:here  

「eer」・・・・・[ iɚ ]
単語:cheer  pioneer

「ear」・・・・・[ iɚ ]
単語:hear  ear

「ure」
・・・・・[ juɚ ]
単語:pure  cure      

「are」・・・・・[ eɚ ]
単語:rare  share

「air」・・・・・[ eɚ ]
単語:air  pair

「or」・・・・・[ ɔɚ ]
単語:fork  sport

「our」・・・・・[ ɔɚ ]   
単語:four  pour

「ore」・・・・・[ ɔɚ ]
単語:store  more

「oar」・・・・・[ ɔɚ ]
単語:board

「ire」・・・・・[ aiɚ ]
単語:fire   tired

「our」・・・・・[ auɚ ]
単語:hour  flour

Eの特殊ルール

単語のスペルの中にまったく発音されない
「e」があります。

take  wa
ve  like  bike  cute  
huge  eve  open  hole


これらの赤い印をつけた部分の「e」です。これらは前の母音を上で解説した長い母音で読めというサインです。そしてこの「e」が付いた子音は子音単独で読むことになります。

上であげた単語はすべての青い印をつけた部分は長い母音で読んでいて「e」が付いた子音は子音単独の発音になっています。

しかしこの「E」の特殊ルールには例外もあります。

give

この単語では「e」は発音されていませんが、前の母音は長い母音で読まれず、短い母音で読まれています。



英語の発音のテキスト ④英語の発音の変化についてへつづく