世界一周速報【海外の反応】


管理人が英語の発音についてテキストを書きました。カタカナ英語を改善したい方は、

【簡略版】日本人向けの唯一の英語の発音のテキスト ~英語耳も英語喉も英語舌も日本人にはなく、また日本人がネイティブの様に英語を発音する必要もありません~ 
約15000字


を読んでみてください。とりあえず、これさえ読めば、カタカナ英語がどんなもので、何をどうすれば改善できるのかがわかります。

一応、英語の発音について日本人が知る必要のあることは全部網羅してる・・・つもりです。w
一通り読めば英語の発音について知っておいたほうが良いことは全部わかる
・・・と思います!!

きっと為になることが書いてあるからぜひ読んでください!!

実は管理人は、いつか英語の発音のテキストを書籍の形で出版したいのです。
一般的なテキストは日本人が発音することが、非常に難しい英語の発音を説明しているからです。そんなわけで、書籍用の原稿も書いてみました。

【書籍用原稿】日本人向けの唯一の英語の発音のテキスト ~英語耳も英語喉も英語舌も日本人にはなく、また日本人がネイティブの様に英語を発音する必要もありません~ 
①導入編
②子音編
③母音編
④英語の発音の変化について
⑤日本人がどう英語を喋るべきか
⑥このテキストについて

そのうち出版できるように頑張ります。
ただ、この書籍用原稿はウェブで読むには長いかもしれません。
とりあえず、カタカナ英語を改善したいだけなら、上の簡略版で十分です。


英語の発音のテキスト ①導入編の続き


まずは子音とは何かのおさらいです。

人間の発音は母音と子音で出来ています。母音とは「あいうえお」のことです。これに子音が付いて「かきくけこ」や「さしすせそ」になります。

試しに「か」「さ」をゆっくり発音してみてください。
「か」「あ」と発音する前に空気をはじくような「くっ」という音を、
「さ」「あ」と発音する前に空気の抜けるような「すー」という音を出すと思います。
この「くっ」や「すー」が子音です。

【【書籍用原稿】英語の発音のテキスト ②子音編】の続きを読む



英語の発音のテキスト ①導入編
に戻る

英語の発音のテキスト ②子音編の続き


英語を喋るうえで、子音は超重要です。英語を喋るうえで日本人はすべての子音を発音できる様になるべきです。

ですが母音は子音ほど重要ではありません。

【【書籍用原稿】英語の発音のテキスト ③母音編】の続きを読む




英語の発音のテキスト ①導入編
に戻る         

英語の発音のテキスト ③母音編の続き


英語では

Can you ~ ??

「キャニュー」のように聞こえることがあると思います。
英語は文章にすると発音が変化します。
この章では文章にした時の英語の発音の変化について解説します。

【【書籍用原稿】英語の発音のテキスト ④英語の発音の変化について】の続きを読む



英語の発音のテキスト ①導入編
に戻る

英語の発音のテキスト ④英語の発音の変化についての続き


今まで解説した

・英語の子音について
・英語の母音について
・英語の音の変化について

をまとめて日本人が英語をどのようにしゃべるべきかを解説します。

【【書籍用原稿】英語の発音のテキスト ⑤日本人がどう英語を喋るべきか】の続きを読む





英語の発音のテキスト ①導入編
に戻る

英語の発音のテキスト ⑤日本人がどう英語を喋るべきかの続き


最後のこのテキストの意義というか、テキストで解説している内容についての解説をします。

日本人は何も考えずにしゃべると、日本語の発音体系の関係でどうしてもカタカナ英語を喋るようになってしまいます。なので説明するために英語の発音のテキストというものがあります。

なのですが日本人に英語の発音を正しく完璧に説明するという事がそもそもできません。

【【書籍用原稿】英語の発音のテキスト ⑥このテキストについて】の続きを読む



E5889DE69C9FE38399E382B8E383BCE382BF


このブログは管理人がオーストラリアにいたころからそうだったんですが、コメントの内容が基本的に賛否両論です。

管理人を擁護する人がいる一方で批判する人がいます。
外国人大嫌いなやつがいるかと思えば、外国人大好きな人もいます。
非常に混沌としています。

あまりにも混沌としていたので、一時期、コメント欄を消していたこともあります。
ですが、また復活させました。

そんなわけで、一度、ベジータ様(管理人)のコメント欄についての考え方を書いておきます。

【このブログのコメント欄についての管理人の考え】の続きを読む


20150926211950bb1


昨日、

という記事を書きました。

『なぜベジータ???意味がわからない・・・』


という感想を抱いたかもしれません。

そんなわけでどうしてベジータを使って記事を書いたのか説明します。
【このサイトの管理人について、、、ベジータをリスペクトしてます。】の続きを読む


このページのトップヘ

お勧め新着サイト